こんにちは!

石川智菜美です。

台風に続き、今度は大雨による被害が出てしまいましたね。。。

 

危機感に敏感に一人一人の意識を大きく変えないといけないと思います。

私が地域のハザードマップを確認したのは、

地域の公民館に貼ってあったものをちらっと見て、

アーそうなんだあ。。。なんて他人事でした。

今回の異常気象によって、皆様が教えて下さるSNSからの情報で

ようやくきちんと見た現実です。。。反省。

 

備えあれば憂いなしですね。

 

 

今回は、ぎっくり腰、なかなか取れない腰痛に対するセルフケアの方法をご紹介いたします!

 

私もこの頃しつこい腰痛に悩みました。

よくなったかと思えば、また長時間座っただけで、立ち上がりに痛みが伴い、

なかなか腰を起こせない、伸ばせない。おばあちゃんになっていました。

歳の女性, つなぎ, Hag, 老婦人, 古, の女性, おばあちゃん, 老婆

 

 

このままよくならないのではないか。。。という不安を感じました。

布団の上であおむけになっているときにふとおなかを触ると、

おなかがカチカチに硬くなっていることに気づきました。

いろいろ探っていくと、左右で硬さが違うこと。

そして、その硬くなっている通りに探っていくと

その筋肉は、、、やはり腰痛に大きくかかわる

腸腰筋なのです。

 

【それではここから、セルフケアの方法をご紹介いたします。】

おへそから指5本分離れたくらいの位置から、斜め下にVの字に走っている筋肉です。

その筋肉の一点、二点、三点と、ピンポイントで痛い個所に触れます。

ちょっと押しただけで鋭い痛みを感じることも。

そのピンポイント箇所を、そーっと指で押します。

押すときは息をふーっと吐きながら。

押すときの指は、

両手の母指、中指、薬指であてがって、指の関節をうまく使いながら力の調節をし、

3回くらい押したり引いたりを繰り返します。

数を重ねるほどに、痛みが和らぐのがわかります。

すると、腰の痛みが驚くほどに軽くなります。

これは痛みのある時は繰り返していくことで、回復が早まり、

いつの間にか腰痛がなくなっています。

また痛くなればやればいいと思います。

 

以上です!

 

前かがみになるほど、おなかの筋肉は硬く緊張します。

だから腸腰筋もガチガチになる。

 

ちょっとのケアで今までの痛みがいつの間にか消えているなんてことが

起きてしまうかもしれません。

 

今回は、腰痛を治す方法として、

おなか側からのセルフケアの方法として、

硬くなっている腸腰筋のリリースの方法をお伝えいたしました!

 

お試しくださいませ。