皆さん、こんにちは😃

院長の石川です。
今回で妊活シリーズ最終章です映画
ざっくりと妊活のイメージはつきましたでしょうかはてなマーク
さて、なぜ今回「妊活」についてのレポートだったかをご説明させていただきます。
当院には来られる患者さんは男女別では女性の方が多いです。そして、便秘や冷え性、若い世代は生理痛や生理不順などの婦人科疾患を抱えている方も多くいらっしゃいました。
腰痛や肩コリの原因がほとんどの方が、生活習慣の乱れや何かしらのストレスによる症状が多く、とりわけ、年頃夫婦の何組かに子宝に恵まれてないということを知りました。
また、妻の親友が結婚後2年間子宝に恵まれず、不妊治療を受け始めたという事も耳にしました。
治療家として何とかしてあげたい、その一心でした。しかし、鍼灸院や整体院などで実績や経験を積んでいる治療家は沢山いましたが、接骨院で不妊症!?という感覚が最初にありました。
入り口は肩コリや腰痛などの整形外科的、運動学的な立場から見れば骨も筋肉も異常がないのは当たり前で、問題はその症状を放っておくと自律神経が乱れ慢性に移行しカラダのバランスが崩れ内臓疾患を引き起こす所まであきらかになってきています。
そして、「日本妊活協会」の主催するセミナーに通いました。
骨や筋肉を勉強してきた人間としては、目から鱗の勉強でした。
年頃の女性が来たら「骨や筋肉などの浅い問題ではない」女性は「卵を守る」という使命がある、と教わりました。
女性の社会進出が増え、ストレスの管理がおろそかになって頑張り過ぎてすり減っている方が非常多くなってきています。
また、便秘が治ったら妊娠した、という報告も多くあります。不妊症の治療の入り口は、便秘治療から始まります。
不妊症治療=内臓整体の理由はココにあるのです。口から入れる物が消化、吸収され排泄されます。口から入れる物かで、細胞の質が変わります。うまく排泄(=解毒)されないと細胞の質や働きは低下します。妊活は、男女ともにカラダの中をキレイにすることから始まります。
{D4F0C549-4B06-43B3-A245-62CCE57707C2}

また、慢性的に内臓が弱っていると、内臓の位置もズレてきます。胃が下垂(下に垂れる)したり、腸が詰まったりします。

女性には子宮があります。色々な内臓がバランスを崩すと影響を受けます。
{56D7B453-EA4B-482A-9099-CCFB16E4BCEF}

ですので、普段の姿勢や骨盤の歪みなどで、子宮が歪み正常な機能を果たせなくなり、不妊症にもなりやすくなってしまいます。

{3E05DF92-B8B3-438C-998E-96D59B0754CF}

この様に、他の内臓の圧迫により子宮が歪んでいる写真です。

骨盤の歪みを整え、内臓の歪みを整え、カラダに入れる物を改め、キチンと排泄できれば自然妊娠できる確率は上がります。
私も今まで3組ほどの妊娠をお手伝いした経験があります。決して好成績ではないですが、妊娠に至ったときのご夫婦の喜びようは言葉には表せません。
少子高齢化が進む中、治療家として社会貢献できることがおれば、少しでも地域のために精進して参りたいと思います。
また、ブログの方から情報発信していきたいと思います。
ではまたバイバイ