こんにちは
船橋の辛い腰痛専門あかり接骨院院長石川です。

今回は肉離れで多くケガしやすいふくらはぎの包帯の巻き方を動画で撮りました。

ポイントは、

斜めに巻かないとと綺麗に巻けないので、斜めに巻くよう意識することが大事です。

注意点は、

引っ張って巻くときつくなるので引っ張りすぎないように、肌に密着させるようにしながら

きつくないかも確認しながら巻くことが大事です。

 

ふくらはぎはスポーツで、例えば短距離走なとで多い怪我ですね。

 

痛みで多いのは、アキレス腱の辺りや、ふくらはぎの内側の真ん中よりも上の方です。というのは、

 

ふくらはぎは非常に複雑な構造だからです。そして、痛みが出る場所というのは、筋肉や腱への変わり目なのです。この変わり目はモロくて断裂しやすい場所になっています。

 

 

で、アキレス腱は、この腓腹筋とひらめ筋の筋肉の腱が集まって出来ているのですが、そのため、それぞれ違った働きのある筋肉が一つにまとまっていることも断裂しやすい原因になっています。

 

 

じゃそれを防ぐためには、、、

 

とにかくストレッチがめちゃくちゃ大事です。ストレッチをすると血流も良くなるので、全身の血液循環も高まるし、体が元気になっていきます。

 

これは良く知られていることなのですが、院長の石川は、ストレッチを怠ってふくらはぎの肉離れをしています。

 

そのおかげで、ストレッチをよく行うようになりました。

知っててやらないと、大変なことになってしまうわけです。

でも、知ったらただ行動に移すだけです。たったこれだけです。

 

という事で、今回はふくらはぎに包帯を巻く方法をお伝えしました。

 

ありがとうございました。