皆さん、こんにちは。

大変ご無沙汰しておりますてへぺろ

院長の石川ですニコニコ

最近、めっきりブログを更新してませんでしたすみません

ということで今回は、『妊活』についてシリーズでお伝えしていきたいと思います赤ちゃん

特に、最初に思ったことは男性の妊活についての意識、知識が乏しいなー、と感じたことですうずまき

男性は、学校の保健体育でしかほとんど勉強してないので、『妊活』までのプロセスをよく理解してないことが現状ですもやもや

妊活女性はひとりで悩まず、まず、パートナーとの温度差から埋めてみるのもいいですね!

今回のブログがその一助になれれば幸いですキラキラ

「知ること」から始めると、「できること」も増えると思います。

まず、女性は自分自身のカラダですから妊娠する流れや問題点など想像がつきますが、男性が女性のカラダについては保健体育でしか学んでないことが多いです。ここが、一番の問題かと思います!!

今回はこの問題についてお伝えできればと思います。

【タイミングをとる際に知っておきたいこと】

〜男性編〜

まず、

・妊活に旦那が理解をしてくれない。

・旦那は「できるでしょ⁈」と気楽な考え。

・生理周期のこと。

・排卵日のこと。

こういったことを知らない男性は非常に多いですガーン

子供なんて当たり前にできると思っていること、これが「夫婦間の温度差」に繋がっていきますハッ

妊活は女性だけでするものではない、そう思われるかもしれませんが旦那さんはあなたのことを理解していないのではありませんくるくる

理解するまでの判断材料が乏しいだけなのです。そして、知識があると人は変わったように積極的になる男性も多いですグッ

機会を与えると男性は変われます。やはり、ひとりでいると苦しいですもんね。

一歩踏み出してパートナーと歩みを合わせてみましょう。

【何から教えたらいいの!?

・生理周期

・基礎体温

・排卵日

・卵子の寿命(排卵後いつまでなら受精する可能性があるか!?

・精子の寿命

そして、一番重要なのは精子が卵子まで到達するまでの時間ですニコニコ

この辺のことを今後シリーズで一つ一つ解説してききたいと思います。

 

【まとめ】

・旦那さんにキッカケを作る

・「どうしたら妊娠するのか!?」を知ってもらう

・排卵日と精子の寿命を知るだけでも変わります

妊活は共同で行うものです。ひとりではなく、まずは、旦那さんと一緒に妊活に向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

ご相談などいつでもお受けいたしております。

では今回はこの辺で