皆さん、こんにちは😃

院長の石川です。
今回は第3弾「妊活における基礎体温」についてです鉛筆
望めば子供ができると思っていた人は多分多くいるでしょう。しかし、現実はそんなに甘くないですよねダウン
中々妊娠しない理由は様々ありますが、まずは自分自身のカラダのことを知ることが妊活では近道でしょうニコニコ
そして、妊娠のためには、基礎体温を測ることから始めましょうビックリマーク
自分自身の基礎体温のグラフから見えることは沢山あるのです目
では、参りましょう。
【妊活のスタートは基礎体温を測ることから】
と、言われています。
妊活しようとしても、いきなり病院に行くわけにもいきませんアセアセ
もし、病院に行ったとしてもまず最初には基礎体温を測ることを求められます。
{2A5E1729-653D-473A-90BE-0876C1F426D7}

婦人科体温計で毎朝目覚めたらそのままの姿勢で測るのみです。

【基礎体温を測ることでわかること】
皆さんの多くは、避妊の方法は学んでも、妊娠についてはあまり知識ぐない人が多いのではないでしょうかはてなマーク
妊活では、まず、月経を知ること。
そして、生理周期を知ること。
そして今回の基礎体温を知ることで、グラフから色々なことが読み取れますメガネ
{49121BB8-C0E3-4A95-AE3C-28F7E3DB07F3}

基礎体温を計測していくと、低温と高温の部分に分かれてきます。

排卵に向かって卵胞ホルモンが出されるため、体温は安定して低温になります。
排卵した後は、黄体ホルモンというホルモンが出て高温になります。この高温期は約2週間ほど続きます。
【妊娠しやすい期間がわかれば妊娠率があがる】
排卵日と基礎体温から妊娠しやすい時期を狙って性交渉を持てば、妊娠の確率はグンと上がるでしょうアップ
やみくもに動けばいい訳ではありません。
逆に、基礎体温を見れば不調の原因もわかります。生理があっても必ずしも排卵が起きるとは限らないのです。
【基礎体温の正しい測り方】
毎朝目覚めたらそのまま測ること。動いたり話したりしないことNG
出来るだけ決まった時間に測る習慣を身につけるといいでしょう。
3〜4カ月データを取り、それでも妊娠しづらい場合は、病院へ行くことをオススメします。
案ずるより産むが易し、です。
早めの対処で、ストレスを少しでも軽くしていきましょうニコニコ
では今回はこの辺でバイバイ