こんにちは。

船橋市にある辛い腰痛症状を根本改善に導く

あかり接骨院石川です。

さて、今回は症例報告です。
慢性腰痛で悩んでいる女性の方で、慢性の便秘に悩まされている方も多いんですね。意外と。
初診時にカラダのことを色々とお聞きしていく中で、女性には必ずお通じのことはお聞きしています。
年頃の女性だと生理などもお聞きします。
骨盤が歪むことで、骨盤内の血管、神経、リンパ管などの流れが悪くなり栄養が滞ってしまうんですね。
そして、
歪み取りのSPAT療法にて腰を退治していると、なんと便秘が解消されていることが多いです。
今回も、慢性腰痛で悩んでいるという妻の友人にセルフSPATといって自宅でも簡単にできる操体法を教えたところ、腰痛よりも先に便秘が良くなってしまったそーな。
また、
慢性化した腰痛持ちは、冷え症などもあり神経痛を伴う症状の方もいます。
まずは、
体幹といってカラダの中心を冷やさないこと。
足の冷えには足湯がとても効果的。
セルフSPATなど自宅でケアするたけで症状が軽快してしまう場合もある。
腰痛は自分で治せる時代にもなってきています。
運動器といった骨や筋肉だけでなく、ストレスなどの自律神経からくる便秘もあります。
あと、不規則な生活や暴飲暴食など。
内臓からくる腰痛もあるので、SPAT療法は同時進行で内臓も筋骨格も施術できる優れものです。
病院でレントゲンやMRIなどで以上がないのに腰痛がある方は、内臓や慢性の骨盤の歪みが原因が考えられるかもしれません。

恩師の鹿島田忠史先生(品川区大井町誠快醫院)の著書『快腸SPAT』に詳しくやり方が記載してあります。

私の教科書にもなっております。
一読の価値ありです。
では、今回はこの辺でバイバイ