こんにちは。

船橋市にある辛い腰痛症状を根本改善に導く

あかり接骨院石川です。

 

今回は体をリセットするといいということを

お伝えしたいと思います!

と言っても、

とても簡単なことですが、

それは、

ストレッチです!

介護予防体操教室では

最後に必ずストレッチを行います。

その時の声かけ、、、

明日に疲れを残さないようにストレッチしましょう。。。

まさにこの言葉に尽きるなと、

うんうん、そうだよね、、

といつも心の中で思いながら、

ストレッチしています。

ストレッチすると何がいいのか。

こわばった筋肉を伸ばすことで、

こわばりをほぐすことができます。

筋肉の状態は目に見えないから実感がわきにくいのですが、

筋肉にも沢山の血管、リンパ管、神経が張り巡っています。

筋肉は使うほどに縮こまりやすくなるので

固まってきてしまいます。

それが、触ると硬い、凝りです。

触っただけでも、

あー硬いんだな、やっぱり凝ってるんだなって軽くスルーしていた私ですが、

それは体にとっては良くないんです。

なぜなら、

こわばった筋肉によって、血液やリンパの流れを阻害してしまっているからです。

また神経の働きにも影響します。

正座をすると足がしびれますが、

正座している間中に血管もリンパも神経も圧迫されて阻害されたことで、

足が冷たくなり、神経もびりびり悲鳴をあげ、足も思うように動かせない状態が。

正座ほどあからさまに症状が出ることはないですが、

肩が凝ったり痛い、

腰が痛い、凝る、

全身バキバキに硬い!!

この状態がまさにつかった筋肉をリセットしないために、

筋肉がこわばって血流やリンパの流れ阻害し、

凝り固まってしまった状態です。

血流が悪くなると、

体で代謝されて不要になった老廃物を外に排出する力が弱まります。

老廃物が溜まると筋肉の状態も悪くなり、

体の動きも鈍くなり、

すると、また血流も代謝も落ちてドンドン老化、衰え、怪我しやすい、

肥満、むくみ、元気がでない、。。。

と言う負のスパイラルが起きてしまいます。

なので、

その状態をリセットしてあげることが大事なんです。

以前も言いましたが、

学生のころは体育の時間があるので、

嫌でも運動して整理体操をする時間がありましたが、

社会人になると、

自分自身でそういった時間を作らないと、

どうしてもやらなくなってしまうんですよね。

だから、昔は軟らかかったんだけど、、、

とか、、

昔話に満足して終わってしまうということも。。。

やっぱり体は軟らかいほうが、

血流も代謝も良くなりますし、痩せ体質になりますし、

ケガもしにくく反射能力もアップします。

動きもものすごく良くなります。

考え方も前向きになると言うことも言われていますよね。

それは血流が良くなり、脳にも新鮮な血液が流れるからです。

分かってはいてもどうしても習慣になりにくいんです。

疲れるから、、、

面倒くさい。。。

横になりたい。。。

分かります。疲れるとやりたくないんですよね。

私もそうでした。

そんな時は、

一旦専門家に体をほぐしてもらって体が柔らかくなった所で、

ストレッチをするということも体をリセットする上で

とってもいいタイミングだと思います。

それでもやりたくない事もありますが、

未来の健康で元気な自分の為にと思って、

私はストレッチ習慣を続けています。

一日の疲れを明日に残さないようにストレッチをする!

のが本当に大事だと年齢を重ねるごとに思っています。

ストレッチに限りませんが、

それ以外には、温かい湯船につかったり、

常温のお水を飲んで、排出させる、

デトックス作用のある食べ物をとってみる、

自分でできる範囲の事をいしきして取り入れる習慣を

付ける事が、

これから健康に元気にかわいく過ごせる方法だと思っています!

当院でもどんどんストレッチや体を動かす時間を取り入れて

体のリセットを意識していきたいと思っています。