皆さん、こんにちは

院長の石川です。
 
さて、今回は『脊柱管狭窄症』についてお話したいと思います。
 
最近の腰痛の第一位にも輝く現代病で、
当院にも軽度から中等度、たまに重度の症状の方がいらっしゃいます。
{9BEEE5B0-A276-4E3A-90DF-E2F6F5BA2A05}

まず、簡単にご説明します。

 
上の左の写真が正常のきれいな腰部のMRI画像です。
積み木のような四角の骨の右側に走る白い場所(赤矢印)が脊髄神経になります。
 
右の写真が腰椎が変形(加齢など)し、
椎間板が飛び出して脊髄神経を圧迫してしまっています。
{6076D978-5937-438C-88AA-C0D8DB57E845}

※ネットより拝借。

 
脊柱管狭窄症の特徴として『間欠性破行』があります。
 
上の図のように、まっすぐにしていると脊柱管に圧迫が加わり、
神経も圧迫され血流と酸素不足により足腰がシビレます。
 
ですので、前かがみになると圧迫が弱わりシビレが減ります。
 
よく街中でお年寄りが椅子や花壇などに腰掛けていたらば多分脊柱管狭窄症です。
 
 
ここで問題なのは、画像上にも狭窄がみられ、
症状も特徴的なシビレや痛みがあれば診断がつきやすいのですが、
画像上に異常がみられても症状が出ないケースや、
画像上は凄くきれいなのに症状が出るケースなどがあります。
 
我々治療家は、画像上よりも症状を目安に治療を組み立てます。
 
もし、上の写真のような狭窄症で治療として腰回りを触ります、
となるとドクター達は辞めなさいと言うでしょう。
 
『痛みが増す、シビレが増す、壊される』などと言われ注射やクスリでゴマかされ、
しまいには『接骨院へ行くのは辞めなさい』とまで言われることもあります。
 
接骨院=腰を揉むという方程式があるのでしょう。
 
画像診断の一番のトリックは、静止画像ということです。
 
皆が画一的に同じ姿勢を取り撮影します。
寝て撮影するため重力も腰にはあまりかかりません。
本当に痛ければこの姿勢でも苦痛なハズです。
 
しかし、日常生活で痛みやシビレが出る時は前かがみになったり、
捻ったりなどした複合的な動きによって症状が出る場合が多いです。
 
その動きは、人それぞれ違います。
 
ですので、あかり接骨院での腰痛検査は、
患者さん自身に動いてもらい、患者さん自身の感覚『快-不快』をみていきます。
 
画像上はどうでもいいのです。
医学的から見て骨盤は歪まない、
と言う治療家もいますが歪まない理由とかもあるのでしょうか。
 
骨盤の歪みはブームだとか、
商法的に歪むと言ってる方が集客になるとか言ってる人もいます。
 
直接骨盤を触ったり、あらゆる方向からアプローチして、
痛くて動けなかった腰痛が劇的に楽になってスタスタ歩いて帰られるという経験をいっぱいしてきています。
 
もし、ブームと言うならば
それはドクター達が画像上に異常が見られれば脊柱管狭窄症と言う診断名をつけて、
『ほらね、こんなに神経を圧迫しているんから痛いんですよ』
と作っているようにしか思えません。
(ドクター達皆がそうではありませんが)
 
なぜ注射やクスリが効かず、治療院で良くなるのでしょうか。
 
健康保険制度は素晴らしいですが、万能ではありません。
接骨院では脊柱管狭窄症には保険はききません。
 
ですから、あかり接骨院では、骨盤の歪み、
体のバランス、脚の長さ、生活習慣などあらゆる面からみていきます。
 
神経で一番の強敵は圧迫です。
 
圧迫されると、血流が滞りその先に栄養が届きにくくなります。
成れの果ての症状がシビレや冷えです。
 
シビレや冷えがある場合は骨盤を含め、
どこかで筋肉などのバランスが崩れ栄養が滞って出ている症状です。
 
局所注射やクスリをするのは一時的な処置です。
 
その時は楽になるかもしれませんが、すぐに戻ります。
 
脊柱管狭窄は昨日今日で出て来るものではありません。
長年の蓄積による成れの果ての症状です。
 
時間をかけて出てきた症状を短期間で治すのは無理というものです。
日常生活の中から見直していかなくてはなりません。
 
 
全ての脊柱管狭窄の症状を取り切ることはできませんが
、軽い症状ならば早めに処置をしておけば重症にならなくて済みますし、
治療回数も少なくて済みます。
 
 
 
では今回はこの辺でバイバイ