こんにちは。

船橋市にある辛い腰痛症状を根本改善に導く

あかり接骨院石川です。

 

顔の筋肉表情筋は、

30%しか使われていないと言われていますよね。

顔のむくみ、

毛穴の開き、

顔のくすみ、

たるみ、

シミ、

そして顔の大きさ。

この原因は、

表情筋を使わないことから起きます。

私は年齢とともに、

頬の毛穴の開きが目立ってきたなって思っていたんです。

いわゆる夏みかん状態ですね(‘Д’)

これって治るのかなーって心配していました。

ですが、以前本で読んだことがあって、

その方法を実践したところ

予想以上に効果が出たので、驚いています!

その方法についてお伝えしたいと思います!

その方法が

表情筋を動かしてあげるということです。

私は顔の左側の頬の毛穴が特に目立ってきています。

左右で頬の筋肉を触り比べると、

左の方がものすごく硬いんです。

なので頬に関しては念入りに表情筋の運動をしています。

が、

それだけでは動かしきれていない筋肉があるんです。

特に硬くこわばっている筋肉がストレッチだけではほぐれないように、

顔にも立奥に硬くてこわばっているコリのような筋肉や

固い筋肉があります。

そんな時は、

自分の手をつかって、筋肉をほぐします。

自分の手で、

毛穴の目立つところの筋肉を

指先、指腹でトントンします。

タッピングです。

顔の皮膚はとっても薄くて傷つきやすいので

強くとんとんしないで、優しく行います。

ケーキに粉糖をかけるときのような優しい力です!

その刺激でリンパや血流がよくなって

筋肉も柔らかくなってきます。

すると、

顔の筋肉のこわばりが無くなってきて、

皮膚も柔らかくなって

毛穴の開きが軽減してきます。

それ以前は、

肌が硬くて、ごわついてて、

皮膚が硬い筋肉に引っ付いて突っ張っている状態です( ;∀;)

顔のお肌は本当のデリケートなので、

引っ張らない、

強い圧を欠けない

擦らない

が原則です。

これを気づいた時に行うことで、

今まで溜まっていた老廃物も流され、

血流がよくなるので、

お肌の新陳代謝がよくなってきます。

そして、

顔の表情も明るくなります!

とっても簡単なので継続しやすい方法だなって思ってます。