【けがをした時の対処方法!】

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

日常生活でのケガ、

 

たとえば、

ヒールなどの高い靴を履いて、足首をひねってしまった時、

 

階段を急いで昇り降りし足を踏みはずして足首をひねってしまったりとか、

 

転んで、膝を打った

 

どれも痛いですよね~。

 

痛いんです。

 

と、

 

もし、怪我をしたら真っ先にRICE処置をしましょう!

 

【RICE処置】とは、、、

傷めた場所の出血や腫れ、痛みを防ぐことを目的にする応急処置方法で、

以下の英語の頭文字を合わせたものになります。

 

安静(Rest)にし、

氷などで冷(Icing)し、

包帯やテーピングで圧迫(Compression)し、

傷めた場所を挙上すること(Elevation)が基本です。

 

R:Rest レスト 安静

I: Icing 氷で冷却

C: Compression 圧迫

E :Elevation  挙上

 

傷めたところを高いところ(心臓より高く)に置くことで、

 

血液を心臓に返し炎症が末端に広がらず、最小限に抑えることができるので、

 

ケガの治りも早くなることにつながります!

 

この処置をしたら、そのあと、

早めに医療機関で診て頂くことが大事です!

 

私自身も、学生時代ケガでRICE処置を施し、

多くのケガを乗り越えてきました。

現代のように、医療機関が充実していなかったので、

自分たちで対処するしかなかった時代でした。

 

足首を捻ると女性マネージャは速攻でバケツに氷と水を入れて持ってきていました。

スポーツの現場では当たり前に処置ですが、

日常生活では中々できないですよね。

 

このブログを読んで、もしケガをされた場合は、

まず先にRICE処置をしてから医療機関を受診してください。

 

褒められますよ!

Similar Posts:

あかり接骨院詳細については➡こちらです。
整骨・接骨ランキング 応援お願いいたします!

コメントを残す

このページの先頭へ