【四十肩・五十肩】肩が急に痛くなって、腕もしびれて、夜も眠れません!!

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

 

「はい、じいちゃん、今日も腕の上げ下げするよー!」

 

じいちゃん子だった私は、

家にいるときはじいちゃんのそばにいることが多かったです。

 

ある昼寝をしていたじいちゃんが、

 

最近肩が痛くて辛いけど、

動かなくなるのが嫌だと言って、

肩の上げ下げをしてほしいと私に言ってきました。

 

これは私が小学生の頃だったと思います。

 

昼寝で畳の上に寝転がっているじいちゃんの右腕を

一生懸命上に下に上げ下げ運動をしていました。

 

じいちゃんは動かすたびに、

 

イテテと言って、顔をしかめ面にしていました。

 

その顔が面白くて

私は遊び半分でじいちゃんの肩の上げ下げ運動をしていましたが、

今思えばかなり痛いのを我慢していたんだろうなって思います。

 

と、いまだに元気な私のじいちゃんの

五十肩になった時のエピソードです。

 

思い返せばあの時の

じいちゃんは五十肩だったんだと思います。

 

近所の鍼灸院へ通っていました。

そして、自宅ではにんにくのお灸をしていたような気がします。

 

五十肩。。。

 

あかり接骨院にも

肩が急に痛くなって、

夜も眠れなくて、

腕がしびれて、買い物ができない、

炊事ができない、

夜眠れなくて椅子で寝ました、、、

 

と、

げっそりされて来院される患者様もいらっしゃいます。

 

多くの方が経験されるこの方の痛みですが、

 

正式名称が

肩関節周囲炎と言います。

 

字のごとく、肩関節の周りの炎症のことです。

 

そして、40代50代の方に多く発生するので、

 

この名前がついているわけです。

 

原因は、

肩回りは解剖学的にとっても複雑で、

 

まず肩は体の中で唯一、

筋肉にぶら下がっているという、

とても負担がかかりやすいところなんです。

腕って思いですよね。

それを筋肉などの軟部組織でのみ支えているので、

 

他の関節よりもかなりストレスを受けているし、

その分老化が早いのです。

 

そして、この肩関節周囲炎の症状の特徴として、

運動痛と言って、

肩を動かすと痛みが発生したり、

夜間痛と言いて、

夜になると痛みが出てるという、

 

とっても厄介な症状が特徴なんです。

 

痛いので動かしたくないのですが、

 

でもここで使わない状態になると、

 

筋肉はどんどんやせ細ってきて、

血の巡りが悪くなります。

 

すると、

どんどん筋肉は加速的に痩せてきて、

関節の状態も悪くなってしまい。

 

治りが悪くなってしまうのです。

 

なので、

出来るだけ早い段階で、

肩の血流をよくするように努力をしていただいて、

動かせる範囲で動かしていただくことが大事です。

 

痛みが強まる動きは症状を悪化させてしまうので、

 

動かせる範囲が限界です。

 

治りには個人差があるので、

 

長い人では数年単位の方もいらっしゃいます。

 

早い方では、

数か月でしょうか。。。

 

良くなったと思えば、

またぶり返したり、、、

 

この繰り返しがやってくる方が多くみられます。

 

ですが、比較的治りが早い方は、

 

マメに体のケアをされている方です。

 

定期的にカラダのメンテナンスをされている方は

 

代謝がいいので、

いざ何か痛みがきても回復が早い傾向があります。

 

と、話がそれてしまったのですが、

 

四十肩、五十肩になった時は、

出来るだけ血流をあげて、温めていただいて、

更に

リハビリもしっかり行っていただくことをおススメいたします。

 

 

Similar Posts:

あかり接骨院詳細については➡こちらです。
整骨・接骨ランキング 応援お願いいたします!

コメントを残す

サブコンテンツ

口コミNO1!!産前産後の骨盤矯正!

産前産後の骨盤矯正対応しております!

スポーツによる腰痛ならお任せください!!

家事炊事による腰痛!

家事炊事による腰痛!

人物 屋内 白バック 白背景 日本人 1人 女性 20代 30代 エプロン  奥さん 奥様 婦人 家庭人 夫人 主婦 若い ポーズ 顔 表情 痛み 痛む 腰痛 腰 手 押さえる 押す さする 前屈み 苦痛 辛い 不調 目 目を閉じる 閉じる つむる 瞑る 両目 mdjf018

よく読まれている記事

このページの先頭へ