坐骨神経痛について簡単に解説しました。【初めてでもわかる坐骨神経痛】

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは。

腰痛専門あかり接骨院

インチョー石川です。

 

坐骨神経痛についてわかりやすく説明した動画を

撮りました。

早速ですが見てください。

 

これからの寒い時期は特に出やすいですね。

他には、たとえば、

長時間運転したとき、

久しぶりに運動した、

今まで運動したことないのに、いきなり始めた、

変な寝方をした、

という感じで、

ほんの些細なことが引き金になります。

 

動画で言っていますが、

坐骨神経痛というのは、

病名ではありません。症状名です。

 

坐骨神経痛は、症状名なので、

坐骨神経痛の症状が出る病気があります。

主な病名を挙げていきますね。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群
  • 変形性腰椎症
  • 脊柱管狭窄症
  • 脊髄腫瘍

などです。

原因を知るために、病院でしっかりと検査が必要です。

 

簡単に病名について説明していきますね。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは。

まず腰椎椎間板ヘルニアというのは、

若い人に多かったりしますが、

背骨の間にある椎間板というやわらかいクッション作用をしている

線維輪があります。このクッションは、特に反り腰になると潰れやすくなります。

その時につぶれても、その後自然に解放されますが、

その動き、反り腰なら反り腰が何度も繰り返されると、

クッションが消耗し、柔らかさが激減。硬くなり、亀裂が入る。といった

クッションがつぶれて回復できな状態になってしまいます。

クッションの中心には、髄核という水分を保ってくれる組織があって、

その周りのクッションに亀裂が入ると、亀裂に沿って髄核が飛び出る。

そのとび出た髄核が、近くを通る神経に触れて、しびれとか、痛みを引き起こしているわけです。

 

梨状筋症候群

梨状筋というのは筋肉の名前。

これは、おしりの筋肉の一つですが、

梨状筋は二つに分かれてます。

解剖すると、二つに分かれるその間に、坐骨神経が通ってます。

長時間座り続けた、

硬い椅子に座りすぎた、

変な姿勢で片方のお尻だけに偏って座っていた、

急激に運動した

などで、梨状筋に負荷がかかり、カチンカチンに硬くなって、

坐骨神経を圧迫したことで症状が出ます。

内股になると、この筋肉がよく働くので、内股になると症状が

増発することで確認できることもあります。

変形性腰椎症

これは字のごとく、腰の骨が変形したことで、

坐骨神経に圧迫や接触、血液循環障害を起こして

神経痛が発症します。

加齢、バスケのシュートの繰り返しで、重いものを持ち運んで

前かがみが多い、

などなど、腰への負担が極端に多いほどになりやすいです。

 

脊柱管狭窄症

腰の骨の形は、神経を通すために、穴が開いています。

穴が縦に重なることで、管ができます。

この管に神経が通ります。

この管の名前が、脊柱管という名前です。

ところが、腰の負担が大きかったり、

加齢によって骨がもろくなり、

身体も歪み、椎間板もボロボロ、

骨を支える靭帯ももろくなり、靭帯は肥厚します。

これによって管の中が狭くなり、

痛みやしびれの症状が出ます。

間歇性破行といって、歩いてもすぐ痛みで歩けず、でもちょっと休めばおさまり、

また痛くなる、この繰り返しがあることがよく言われてますね。

 

脊髄腫瘍

これは、脊髄神経に腫瘍ができることで、

神経の働きをすることができない、

腫瘍によって神経が圧迫されて

痛みやしびれが起きます。

見落としてはいけない病気ですので、

思い当たることもなければ、痛みが続く、変わらない、ひどくなる

といった場合は早めに病院へ行くことが重要です。

 

症状は画像と一致しないことがある

 

次の動画です。

腰椎椎間板ヘルニア

梨状筋症候群 についてです。

これによって坐骨神経痛がでてきて

病院で精査することがあります。

レントゲン、MRI、CTなど。

神経痛がある割に、画像に問題がない場合、

神経痛がないのに、画像に問題がある場合、があります。

痛み止めの薬で、ビタミンで、注射でと対処療法で

完了するケースもあります。

それでよくなる人もいれば、そうじゃない方もいます。

よくならない場合、どうしたらよいか。

動画にしています。

 

症状が出ると、どうしても痛みのある場所、

しびれのあるところに意識が行ってしまいますし、

もちろん、その場所をマッサージしたり、ストレッチしたり、

温めることで症状が一旦やわらぎます。

でもまた同じように痛みが出てくる。ってことは、

原因になってるところが解決してないからです。

じゃどうするか。

カラダ全体の骨格と筋膜を見ていきます。

骨格の歪みや筋肉の使い方で筋膜が引っ張られるので、

その状態を取り除いていきます。

そのためには患者さんの日常生活の動きを教えていただくことも

解決の糸口になります。

 

最後の動画です。

 

高齢者に多い、

変形性腰痛や脊柱管狭窄症の話をしてます。

加齢とともに骨も筋力も弱まることが大きな原因です。

 

ストレスや不安感など、心理的要因でも坐骨神経痛を

強めることもあります。

 

当院でもしっかり見極めて一人一人にあった施術をしてます。

 

また、症状が出る前に、予防していく意識も必要です。

そのために、腰痛予防の体操法を動画にまとめていますので

下記の動画をみて毎日習慣にして下さい!

腰痛ストレッチ まとめ集作りました

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

当院ではメルマガを発信しています。

腰痛対策やセルフケア情報など、ブログでお伝えしていない情報を

発信してます。

下記から登録できます。

↓↓↓

 

コメントを残す

このページの先頭へ