バランスボールで腰痛防止するために腸腰筋をストレッチする方法

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは。

石川インチョーです。

今回は私が毎日行っている

バランスボールを使って行う、

腸腰筋のストレッチ方法を動画でとりました。

 

なぜ腸腰筋なのか。

それは、私が腰が痛い人専門で接骨院をして10年。

腸腰筋が原因で腰痛だということが

確信に変わっているからです。

 

腸腰筋はインナーマッスルなので、

外から触れることも、

硬くなっていることもわかりません。

だから気づきにくい。

ですが、別の形で体にサインを送っていますよね。

それが、

腰痛なわけです。

 

この筋肉は、

座っている時も

歩く時も

体を丸めて寝ている時も

常に縮こまった状態の事が多い筋肉です。

 

この絵は腸腰筋の一つの筋肉である

大腰筋です。

このように、腰の骨から太ももの骨に渡って付いている大きな筋肉ですよ。

この筋肉が縮こまることで、腰の骨が引っ張られて反り腰になっちゃうわけです。

だとしたら、この縮こまりを伸ばしてあげれば、腰の骨が引っ張られるのを防げると思いませんか。

このように、

縮こまった腸腰筋を伸ばすイメージで

腸腰筋を伸ばす。

すると背筋が伸びて姿勢が良くなり、

腰への負担が減っちゃいます。

この腸腰筋のストレッチを習慣にしちゃえば、今よりも格段に腰痛から解放されますよ。

というわけで、腸腰筋のストレッチをご紹介します。

 

今回は、バランスボールを使うバージョンです。

 

最初の運動を飛ばしたい方は

2分43秒から見ていただくとそこから腸腰筋ストレッチが始まります。

 

つい先日、バランスボールを壊しました。

遠赤外線の近くにバランスボールが転がっていることに気づかず、

変なにおいするなと思ったら、

バランスボールがしぼんでいたんですよね。

 

大失態です。。。(;_:)

ということもありますので、

保管には十分ご注意くださいませ。。。

 

身体が硬い方は腰痛になりやすいので、

バランスボールで簡単に筋肉の緊張をほぐすことができます。

 

体が硬いと、

血流が悪くなります。

転びやすくなります。

怪我をしやすくなります。

腰痛が悪化してしびれが増すことも。

腰痛が悪化すると、歩くのも困難になることも。

 

といった最悪な事態にもなりかねません。

でもバランスボールで簡単に筋トレ、

筋肉を緩めておくと、

インナーマッスルが鍛えられ、

いざというときの筋力が付くので、

転んでも耐えられる体、

躓き防止、

血流が改善して冷え症解消

脚の血流もよくなるので、足がつりにくくなる

他にもいろんなメリットを感じてます。

バランスボールなど道具がなくても

腸腰筋のストレッチが出来る方法があります。

以下2つの記事に書きました。

・寝たまま、道具不要で腸腰筋のストレッチができる方法を書いています。

動画と写真で解説していますのでわかりやすくなってます。

 

・うつぶせで腸腰筋ストレッチができます。

動画で解説してます(^^)

自分の症状に合わせてストレッチをしていくことが

腰痛解消のコツですね。

そして一番大事なことは、

最初からハードルを高く設定して行わないことです。

絶対に挫折しますからね。

とりあえずやってみる。この感覚がものすごく大事ですよ。

とりあえず一回を毎日継続すれば習慣になっていきます。

習慣になってしまえば腰痛とはさよならできます(^’^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

当院ではメルマガを発信しています!

最近の症例や腰痛対策情報、

腰痛にならないための自分で出来るセルフスパット療法、

腰痛対策におススメの食事メニューなどなど

内容盛りだくさんで発信しています!

以下をクリックして登録できます。

↓↓↓

 

コメントを残す

このページの先頭へ