【運動をなめてた私がぎっくり腰して運動に目覚め手にしたすごすぎた副産物とは⁈】

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは。
石川です。

今回は
運動をなめていた私が
ぎっくり腰をして運動に目覚め、
手に入れた副産物がすごすぎたので
書いていきます。

結論ですが、
ぎっくり腰をして運動始めたら
今までの人生無駄に過ごしてたー!!と
悔やみたくなるほど
良いことばっかり起きました。

まず体調が良くなって、
腰痛の悩みも無くなりました。
さらに、
痩せたねって言われるし、
体力付くし、
脚のむくみもなくなったし、
なんと、
私生活も張りが出て、
恋愛も上手くいくという流れが来たんです。

腰痛対策だったのに、
こんなに運動の恩恵を受けるとは
思いもしなかったですね。

運動を習慣に出来て
マジでよかったーーー!!!
って日々思いますね。

ですがそれまでは、
運動するのは
特別な時だけとか、
ダイエットのためにとか、
運動を全く活用出来ていない
無知な奴だったんです。

あと一週間後に健康診断あるから
走ろう。とか
食べ過ぎたから走ろう。とか、
とりあえず動いとけば痩せるだろう的な
浅ーい知識と浅はかな理由で
ただただ動いてました。

とはいえ、
それで効果出てればいいものの、
全く効果出てませんでしたからね。

しかも、そんな浅い知識しか無いくせに
患者さんには
「運動してくださいね。」
って言ってるわけです。

お前何様だよ!!
医療人として勉強不足だろ!!って
過去の自分に言ってやりたいですね。

と、こんなにダメダメだった私が
運動を習慣に出来たのは、
ぎっくり腰したおかげです。

まずなんで運動を始めたのか。
それは、、、
ぎっくり腰したのは
シャッター持ち上げたのが
原因でした。

その話を友達や知人に話すと
「筋力なさ過ぎだろ」と
言われまくりました。

そんなわけで
筋力付けようと思って
運動を始めたわけです。

で、運動する為に、
以前から興味があった
ジムに入会したんです。

ジムに行き始めたら、
体力付いて
みるみる腰痛が良くなったんですよね。

運動ちゃんとやっときゃ良かった。。
今まで運動をなめてた自分を
反省しましたね。

ところが半年経つと、
ジムに通うことが面倒になって、
行かない日が増えてきたんです。
そんなわけで、
あっけなく退会しました。

でも、運動の効果に味を占めて
自分で出来ること継続してました。

近所を走るとか、歩くとか、
ビリーズブートキャンプやったり、
コアリズムやったり、
ストレッチ、ヨガ、などなど
当時ブームだった運動を取り入れて
なんだかんだ毎日続けてました。

その中で一番良かったのは、
近所を歩いたり走ったりすることですね。
なぜなら、
簡単だからです。

あとから知ったのですが、
何かを継続するためには
最初は簡単に出来ること、
ハードル下げて始める事が
継続させるコツだということです。
これを知ったときは、
たしかに!!!でしたね。

で、「走る」「歩く」などの
有酸素運動をすると
セロトニンというホルモンが出ます。
セロトニンはストレス解消してくれますからね。

気分がモンモンしてるときは、
ウォーーー!!って走ると
すっきり気分が良くなって、
セロトニン出まくって
一気にモンモンが吹っ飛びますからね。

こんなことしてたら
いつの間にか、
運動が当たり前の習慣になってましたね。

習慣になってしまえば、
好きも嫌いもなく無意識に出来るので、
運動が負担にならないわけです。

やらないとむしろ不安。
すっかり
腰痛の事も忘れてましたね。

そして、
具体的な私生活の変化は、、。

寝起きが辛かったのに、
朝起きの体が軽くなった。
むくみが取れて
ズボンがサイズタウンした。
長距離走が苦手だったけど、
長距離走れるようになった。
駅まで急ぐときに走るのが速くなった。
椅子から立ち上がる際、
「よっこいしょ」とダラダラしていたのに、
キビキビ動けるようになった。
ザラザラしていた肌が、
サラサラになった。

運動をしなかった時期からは
良い方へ大きく変わりましたし、
体調がめちゃくちゃ良くなりましたね。

ちなみに、
恋愛が上手くいったのも事実です。

当時付き合ってた彼に、
ジム行くようになった事、
これから外走ってくるとか
運動系の話ネタが増えたら、
相手が興味持ってくれるようになったんです。

話題が増えて、
しかも、
のちにジムデートをするという流れに。

ジムのあとの食事も美味しいし、
話も盛り上がるし、
共通の趣味は二人の関係性を深めますね。

おまけでした。

ということで、

今回は、
運動をなめていた私が
ぎっくり腰で手に入れた運動の副産物が
すごすぎた話を
お伝えしました。

ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ