妊娠中こそ骨格を整えケアしないと美しい体型になるビッグチャンスを逃し赤ちゃんにも影響を及ぼす⁈

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは
石川です。

 

今回は
妊娠中こそ骨格を整え
ケアしないと人生最大のチャンスを逃し
赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすことについて
書いていきます。

 

結論ですが、
妊娠中に骨格を整えることは
出産前より美しい体型になるし、
体型を変えれる絶好のチャンスだし、
さらに、
お腹の赤ちゃんに
めちゃくちゃ良い環境が作れるんです。

 

ですが、
この逆に、
妊娠中に骨格を整えるメリットを知らないと、
骨格は歪み放題で、
体のあちこちに痛みが出るし、
産後太りにもなりやすいし、
さらに、
お腹の赤ちゃんには血流が悪くなって
栄養が行きにくい状態になってしまう
という良くない事態になります。

 

で私が骨格を矯正したことで得られたメリットは、、

産後の戻りも良くて、

産後の痛みは全く無かったですね。

産後太りもなく、体型も出産前の状態にすぐに戻りました。

腰痛もそれからというもの全く起きていません。

こんなにありました。

 

ですが、
実は私妊娠中は
この知識を知らなかったんです。

このことを知ったのは出産一年後です。

じゃなぜ骨格矯正をしたのか。

それは、腰痛が起きたからなんですよね。

 

私は、
妊娠中の骨格矯正が大事と知らなくて、
意識的に歪みをとることはしてませんでした。

 

なぜなら、毎日運動してたし、たまに矯正受けてるし、
ちゃんとケア出来てるからって大丈夫と過信してたんです。

 

実際その自信は覆されたわけです。

妊娠中は、
日常のケアだけじゃダメだったわけですね。

 

妊娠中は仕事してたこともあって、
中腰とか変な姿勢になること多かったんですよね。

そして腰痛になって痛くて歩けず寝込んだ日もありました。

なかなか治らず不安すぎてストレスを抱えるという
母体には良くない日々を何日も送ってしまったんです。

 

母体がストレスを受けると
血流が悪化して、赤ちゃんへの血流も悪くなるんです。

 

大事な知識を知らないために、
私は赤ちゃんにまで悪い状態作ってしまってたんです。

なんと恐ろしいことをしてたんだと
めちゃくちゃ反省しましたね。

 

つまり私は、
骨格矯正のメリットを知らなかったために、
腰痛に苦しみ、
ストレスを抱え、
赤ちゃんにまでつらい状況を作っていたわけです。

 

これはまったくもって最悪な状況ですよね。。

 

もしも、

骨格矯正が大事とわかっていれば
すかさず矯正を定期的に受けてたと思いますもん。

だって
体型が出産前より綺麗になれるし、体調は良くなるし、
お腹の赤ちゃんにもめちゃくちゃ良いんですよ。

 

受けない理由がないですよね。

 

ところが患者さんにも
妊娠中に腰痛で悩む方が多いんですが、
やはり妊娠中に骨格を矯正することのメリットを知らない方が多いんですよね。

 

これはものすごく勿体ないことなんですよ。

 

健康体で出産できるのが一番なのに、
骨格を整えることを知らないと腰痛になるし
肩も背中も痛くなるし
不健康な体で妊娠中を送ってしまって
赤ちゃんにもストレス掛けちゃうし
全くいいことがないわけです。

ですが、
骨格を整えることが大事だと分かれば、
難しいことはありません。

骨格を矯正して整えるだけで
健康体で妊娠、出産を迎えることができますし、
自分の体調が良くなるし
お腹の赤ちゃんにも、
心地の良い環境づくりが出来るわけです。

 

実際私は
腰痛が引きおこったことが理由で
骨格を整えることができたわけですが、
少なからず、
その恩恵を受けることができました。

 

それは、
出産直後の回復の早さでした。
私の娘は3955グラムの
非常に大きな赤ちゃんでした。

大きくてなかなか生まれてこなくて、
死に物狂いでした。

それでも出産直後は自力で分娩台から降り、
自分のベッドに自分一人で
歩いて戻ることができたんです。

 

看護師さんにも
すごいですねって言われました。

 

正直、立ち上がるとき、ふらふらして
歩けないんじゃないかなって思いましたが、
普段通り歩けたことに
自分でも驚きました。

 

それだけ体調よく出産を迎えられ回復が早かったんだなと思います。

ただ、
出産はめちゃくちゃ痛かったですよ。

 

更に、
産後の戻りも良くて、
産後の痛みは全く無かったですね。
産後太りもなく、体型も出産前の状態にすぐに戻りました。

腰痛もそれからというもの全く起きてません。

 

腰痛は起きたものの、
骨格矯正の恩恵だと思うと、
本当にラッキーだったなと思いますね。

 

ちなみに、
なんで妊娠中の骨格矯正がいいのか。

それは、妊娠すると
赤ちゃんが
すくすく育って生まれやすくなるように
リラキシンって言うホルモンが出て
関節がゆるゆるになるんです。

 

関節がゆるゆるになるので
骨格の歪みを矯正しやすく美しい骨格にしやすいわけです。

そんなわけでこの時期こそ
出産前よりも体型を美しく出来る絶好のチャンスなんです。

 

そして、
妊娠中に歪みが良くなると血流も良くなので
お腹の赤ちゃんにも、
たくさんの栄養が送られるわけです。
元気に育って欲しいのが母の願いですからね。

 

まとめると、
妊娠中に骨格矯正しないと、
腰痛にもなるし、
出産前よりも体型をリカバリー出来る
ビッグチャンスを逃すし、
赤ちゃんにもストレス掛けて
辛い状況を作ってしまうけど、

逆に
妊娠中に骨格矯正をするだけで、
妊娠中の体調が良くなるし、
骨格が整うので産後の戻りも良く、
出産前よりも美しい体型になる
ビッグチャンスになります。

 

さらに、
お腹の赤ちゃんにもたっぷり栄養が送れる
良い環境が作れるという
本当に良いことばっかり起きる。

 

というめちゃくちゃメリットがあることを
お伝えしました。

 

知ってるか知らないかな差はめちゃくちゃ大きいですね。

 

2人目妊娠したら絶対に骨格を
整えようと決めてます。
そしたら効果の程を報告したいと思います。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ