長時間の座りすぎによる腰痛は、足首を回すだけで良くなるすごい話。

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

 

こんにちは。石川です。

今回は、
長時間の座りすぎによる腰痛は、足首を回すだけで良くなるという事について書いていきます。

足首回しで腰痛解消?!

またよくあるアレでしょ。
昔ダイエットにいいって言うから何回もやったけど、痩せないし、、嘘くさ。

 

と私は足首回しをなめていました。

 

 

ですが、足首回しが腰痛にどう効くのかを理解した途端に、
そんなことなら、早く知りたかった!!
と強く言いたくなるほどの効果だったんです。

 

プラシーボ効果じゃありません。

 

足首回しは、腰痛にめちゃくちゃ効きます。これを知っててやらないのは、本当にもったいないんです。

 

そして嬉しいことに、この方法を知った今からでも、充分効果が出ます。

 

では、なぜ足首回しが腰痛解消になるのかを書いていきたいと思います。

 

 

まず、腰痛の原因は、骨格が歪んでいるからです。

 

骨格の歪みを簡単に言うと、
背骨の配列が、今にも崩れそうなダルマ落としみたいに不安定で、背骨の支持力が悪い状態を言います。

 

 

すると、
その周りの筋力や血流が悪くなるので、

姿勢が悪くなるし。

腰痛になるし、

腰が痛いから動かなくなるし、

動かないと体は硬くなるし、

最悪、骨がつぶれて変形して、どんどん腰痛が悪化していきます。

 

なので、歪みを放置するのはめちゃくちゃ危険なんです。

 

で、骨格の歪みに関して、

「骨格の歪みの始まりは体の土台部分である足元から」ということが言われてるんですが、

 

どういうことかというと、

 

両足に掛かる体重が、左右50%ずつじゃないと、体が歪みますよということを言っています。

 

つまり、重心が両足にバランスよく乗っていないと、体が歪むんです。

 

例えば私の場合、ほぼ毎日、パソコンをするために長時間座っていますが、その間どうしても脚を組んだり、体をくねる姿勢をしてしまいます。

 

その悪い姿勢で長時間座ると、体はその悪い姿勢のまま固まります。

 

その固まった姿勢のまま椅子から立ち上がると、極端に言うと、右に重心が傾いていれば、右足に70%くらい重心が乗るので、左右アンバランスになるわけです。

 

 

しかも偏った重心で負荷が掛かった足首は、めちゃくちゃ固くなっています。

 

その固さが、骨格の歪みに影響して、腰痛になっていくわけです。

 

で、ここで足首回しが活躍してくれるわけです。

 

 

私自身、パソコン作業後には必ず右の股関節や腰に違和感や重だるさを感じます。

 

ですが、足首を回すことで一気に解消されて、立ち上がりも軽くなります。

 

つまり、足首を回すと、足首の固さが取れます。すると左右のバランスが整って、さらに全身の血流も良くなって柔軟になるので、体のバランスが整うわけです。

 

たった足首を回しただけです。

 

めちゃくちゃ簡単ですよね。

簡単すぎて、毎日出来ると思います。

というのは、
毎日やったほうがいい事なんです。

なぜなら、体は毎日動かすので、どうしても歪んでしまいます。

ですが、足首を回すだけで、その日の歪みは、解消出来ます。

 

毎日たった一回です。

 

一日一回やると継続しやすくて、バランスの良い状態が体に定着します。

 

騙されたと思ってやってみてください!

 

ではまとめますと、

腰痛は骨格の歪みから起きるので、一日一回足首回しをしてその日の歪みをリセット出来れば、腰痛がなくなります!

ということで今回は、長時間座りすぎによる腰痛も足首を回すだけで解消されるすごい話。をお伝えしました。

動画は足首回しについて詳しく話していますので、よかったらご覧ください。


ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ