患者様の声(施術体験談)

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

 

入院して歩行器を使うほどの腰痛でも骨格矯正しただけで回復し、1か月後には仕事復帰できたTさん 47歳男性

石川先生

いつも治療ありがとうございます。

昨年の夏に朝ベッドより起き上がる際に身体をねじるように起き上がったら腰を痛めました。

あまりの痛さに、仕事を休み、安静にしていても痛みが引かず、動けず、家族に支えられ病院に行きました。

診断は「急性腰痛」でいわゆるぎっくり腰でした。

画像上(レントゲン、MRI)も異常はないようでした。

家にいても何もできないだろうと、入院することになりました。2〜3日はトイレに行くにも、歩行器が必要なほどでした。入院してもこれといった治療はなく、ベッドの上で点滴をするだけの状態で、時間だけが過ぎ、どうなるのかすごく不安になったことを覚えています。

私は若い頃より、ボクシング、ジム、ジョギングなどは定期的に続けており、年の割には身体には自信がありましたが、今回の腰痛でその自身もなくなりました。

「あの時の痛みが・・・」と思うと怖いくらいです。

たまたま千葉の知人に近況を報告していたら、あかり接骨院を紹介してくれました。

知人もぎっくり腰で通院していたようで、石川先生に話をしたら

「一度治療をうけてみたら・・・」とのことでした。

 

石川先生の結論は、柔軟性がない、深い筋肉が使えていない、筋肉のバランスが崩れて、骨格がゆがんでいてるとのことでした。

よく「ぎっくり腰はクセになる。」と言われ、私も2年に1回くらいは、腰痛になっていましたが、石川先生には、それは違うと言われました。

起立時や重量物を持つ際の姿勢が悪いこと。

その姿勢をする習慣があるから、腰痛になるとのことでした。

あとは、股関節の筋肉が硬くて、骨盤を反り腰にしてしまっていることが原因でした。

石川先生は、初診時に分かりやすく説明していただき、自分の姿勢がどうなっているか、保険診療として、病院や世間の治療院の現状なども比較してくれました。その中でも「我々は、画像上を治すのではなく、症状を治していきます。」との言葉にすごく納得できました。

画像上問題がないのに、痛みが強くあるのに、動けないことの説明は、ドクターからはなかったからです。

石川先生に、ゆがみ取り、筋膜リリースで全身を調整してもらうと、一か月くらいで腰痛が軽減し、日常生活にも支障がなくなってきました。

今までは、カイロや整体や、強いマッサージなどの、がっつり系の治療が多かったのですが、石川先生の「ゆがみ取りSPAT」は「極弱」や「気持ちいい力」というかなりソフトな治療なのに、終わってみると劇的に動きが変わるのでビックリしました。

がっつり系は表の筋肉のみで、深い筋肉までは届いていないので、すぐに戻ってしまうようです。

今後は、年相応の運動をすること、柔軟性を高めること、深い筋肉を鍛えることが、石川先生に出されている宿題です。特に、股関節の前の筋肉(腸腰筋)は、他のことはサボってでもいいから、これだけはやって下さい、と言われてやってます。

そのおかげで、今は体も軽くなり、腰痛も軽減しています。

あかり接骨院は、腰痛に特化していますが、他の治療と違って、痛い所にフォーカスせず、身体全体を調整するので、慢性の頭痛も姿勢からくるもので、通っているうちになくなってしまいました。

また、生活面でも、食事、すい眠、ストレス、などからも腰痛を引き起こすとも言われました。

デスクワークと肉体労働の仕事なので、これからも仕事をして生活していきます。

当方は、少し遠方(埼玉県入間市)ですが、今は月1回のメンテナンスで調整しています。 T.O 男 47歳

 

 

 

 

 

 

母の介護疲れによるひざの痛みも やっぱり骨格の歪みだった 60代 Oさん

「対談の内容」

 

質問者 今日はOさんにインタビューしたいと思います。

かれこれ約2年近く通われてますが、あかり接骨院に来る前の症状はどんな感じでしたっけ。

 

Oさん 右ひざが痛くなって、歩くのが大変になって、もうこのままじゃ歩けなくなるのかなと思って、という感じだったので、たまたま入っているチラシを見てきました。

 

質問者 そうですよね。右脚とか右肩でしたが、治療をすることによってどんな風に変わったかという
実感はありますか。感想は。。。

 

Oさん 初めての治療だったので、その痛みそのもののところでなく全体的なバランスを取っていくうちに痛みはあっちこっち移動する中で、だんだん良くなって数回、一か月くらいたった時にもうほとんど膝の痛みが無くなって2か月くらいたってもう完全に痛みは無いし、再発も無いし、膝の問題はもうほぼないですね。

 

質問者 Oさんの場合、結局ひざとか肩は、歪みを調整する治療を毎回していますが、歪みが原因だったっていう感じですよね。

Oさん なにか、歪みから一番負担がかかる膝の部分に来てたっていうのは聞いたことが無かったことなので、
先生の治療はその骨格の歪み全体のバランスをとりながらその一番顕著に出ているところを痛みとかそういうのをなくていていくっていう治療だったので、初めての経験だったんです。

けれども骨盤の歪みから頸椎の何かズレとかがあってそういうところの歪みが一番負担の来る右ひざに来たのかな
という理解なんですけれども、だからその一般的な治療っていうのは、痛いところを揉んだりすることだと思うんです。けれども、ここにきて知ったのは、全体的なバランスを取りながら正常な姿勢に戻す中で当然一番負担がかかちゃってたところが治っていくっていうことなんだなっていう認識だと思うんですけれども。

 

質問者 ありがとうございます。もともとはお母さんの介護ってことで、負担がかかると思いますが。

 

Oさん そうですね。あのまあ、介護次第ですね。あの要介護5ですんで、やっぱり、膝とかそういうところに負担がかかっていろいろな姿勢をするので首が痛かったり、腰がちょっと重いかな大変なという症状がいろいろ出るんですけれども、やっぱり介護する上では介護する方の側が健康じゃないと十分な介護ができないので本当に腰痛とかない中で治療をしてもらって介護に当たれるって言うのは本当にありがたいですね。

もしこういう調整がなかったら、ちょっと継続できないかなぁと思うところはあるし、やっぱり骨格調整してもらった後、筋膜リリースもしてもらうので体全体が緩んで血行が良くなって体が柔らかくなって元気になって帰るので母も良かったねと帰ると喜んでくれますね。

 

質問者 最初は首や肩が辛いからといって骨盤の歪み取りをなしでやったら結局は治療効果が上がらなくて結果的に骨盤背中首って言う順番で歪みを取ることによって治療効果を維持できているって感覚は実感としてありましたよね

 

Oさん ありますね。やっぱり骨盤のベース、土台がずれると頸椎に来るし、首に行くし、首から来ると頭痛になったりいろいろするし、そうするとやっぱりあの体全体も思うように動かないので、疲れが溜まりますよね。だから本当にこういう治療があったのかと思って本当によかったです

 

質問者 大体治療すると治療効果が続く、まぁ肉体労働するとすぐに戻ってしまう可能性が高いんですけれども、効果が続く時間てどれくらいですか

 

Oさん あの1週間は続くと思います。ただその時いろんな体の調子とかやっぱり介護する上でのちょっとその他の症状に合わせていろんな負担がかかる場合があるので、とっても疲れたなーってときは思うときは、週に2回だったりとか続けて受けるとかそういう感じでプラスして受けてます。

 

質問者 大体1週間位は効果が続く感じですよね。

 

Oさん そうですね。ありがとうございます

 

質問者 あかり接骨院に通うことで得られた知識とかためになったことって何かありますか

 

Oさん やっぱり痛いところを集中して揉むとか温めるとかそういうことじゃなくて体全体のバランスをとらないとやっぱり大元を継続的に再発しないで生活するって言う事はやはり難しいんだなぁと思うのでやっぱりいろんなところに痛みが出たりしないためには体のバランスをずっとこれからとっていくということが必要なんだと思います。

痛みが出るとやっぱりいろんなところで支障が出てきますからやっぱり1番私がこれから必要とするのが自分の体を今の時点で調整しながら生活するって言うのが精神的にも良いペースになると思っています。

 

質問者 大さんは家の宿題ってわけじゃないですけれども1週間に1回なので、ストレッチとか細かい感覚も
だいぶ股関節が硬くなってきたので腰に来やすいからストレッチだ。とか、肩が痛いからストレッチだ。と言うふうに何とか予防もできているので、週に1回でも持つのかなと。

 

Oさん そうですね。その都度先生にここが痛いんですけど。と言うと軽減するための自宅でできるストレッチを教えていただけるので努めてそれをしようとしています。

でも時々何か自分のペースで加減してやってしまうことがあるみたいで先日このようにやっていますと言うことで見ていただいたらどうもやっぱり逃げてやってて正常な形でできていなかったのも調整していただいて本当にそーゆー面でストレッチの面で自宅でやることと通院での調整と2つの面で今生活が維持できているし、本当に気持ちよく母の介護もできると言うことでありがたく思っています。

 

質問者 大さんは約週一のペースで体調だったり年末年始で忙しい時だったり介護以外で忙しかったり介護でちょっと疲れちゃった場合は週2回通われている感じですよね。

大体この2年間でこのペースで介護がある以上はご自身の体が健康でなければ人の介護どころではないですからね。なんとかこのペースで守って通院していきましょう。

 

 

 

介護職で毎日入浴介助があるため腰痛になった患者さんOさん

 

 

 

 

〜書き起こし〜

いつも大変お世話になっております。

 

私はあかりに通って5年くらいになります。通い始めたのは、仕事柄腰が痛くてどうしようもなくなったからです。

 

 

私の仕事は介護職で、お風呂に入れる担当をしています。

 

利用者さんは裸なので、いつも緊張しますし、お相撲さんのようにがっちりと組み合うので、いつも腰に痛みが出ていました。それで慢性的に腰痛がありました。そして、5年前の仕事が休みの日にソファから立ち上がった時に腰を痛めました。

 

 

どうしようと迷っていた時に、近所にあかりさんがあって、周りにも数人通っている人がいたので行ってみようと思い足を運びました。

 

初めて伺った際は、腰痛で行ったにもかかわらず、介護職と言ったら、全身のバランスを見てくれたのです。今までは腰が痛くてもマッサージでしのいでいたので、特に痛い所を重点的にマッサージしてもらっていましたが、当院では全身のバランスを見て治療していくんだと先生が説明された時には、すごくうれしくなりました。というのは、絶対に自分の体はゆがんでいると思っていたし、治したいと思っていたからです。そして先生に全身の体のバランスを見ていただくと、やはり体がものすごくゆがんでいることと、体がものすごく硬いと言われました。

 

 

自分でも自覚があったのでうなずくだけでしたが、そこを治してもらえると思うと、本当に来てよかったなと思いました。

 

 

しかも私は、腰痛だけじゃなくて肩こりや背中の張りもありましたので、そこも見抜かれてビックリしました。

 

 

そこで私は慢性的な頭痛もあったので、それも良くなるかお聞きすると、肩こりからきているので治ると説明をしてくださいました。

 

 

なのでそれも期待していましたが、通っているうちにいつの間にか本当に良くなっていて、しかも体調まで良くなって、仕事中の作業が楽になっていくのを感じていました。こんなに体って変わるんだと驚く毎日でした。

 

 

でも仕事ではどうしても体を使うので、避けられない腰痛や背中の痛みが出てきます。

 

 

そんな時は、週2~3回のペースで通院したり、痛みが落ち着いているときは、週に一回のペースで通っています。

 

 

いろいろ先生に話すことで、普段の仕事での体の使い方のアドバイスや腰痛対策についてもいろいろ教えてくれるのですごく頼れるので助かっています。

 

 

先生から「普段の疲労を取るだけでも腰痛予防になります」と言われてストレッチのプリントもいただいてできる範囲でやったり、でも疲れた時はどうしてもおろそかになるので手抜きになっていますが、そんな時は先生にサボっているのがバレたりして、やはり見抜く力がすごいなと思っています。

 

 

 

でも、定期的にケアして頂いているお陰で、今は大きな腰痛が起きることは無くなり、快適に仕事ができる体を維持している感じです。

 

 

 

本当に助かっています。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

【患者さんの声・対談音声】通院8年目Tさん、首肩腕の痛みはすっかり改善し現在は体のメンテナンスに通って助かっています!

 

今回は【患者さんの声・対談音声】通院8年目Tさん、首肩腕の痛みはすっかり改善し現在は体のメンテナンスに通って助かっています!という事で、

当院が開院当初から通院いただいているTさんに当院の感想を

お伺いしました!!

 

 

Tさんについて軽くご紹介しますと、

・仕事で重いものを運ぶ作業が多いことで首肩の痛みで腕が上がらない状況だった

・当院に通って8年目になる

・他院に通っていたが待ち時間が長いことのストレスがあり、知人に紹介された当院に通い始めた

・針や指圧のような治療を受けたこともあったが、効果としてはイマイチだと思っていた

・現在の治療を受けていることで痛みも解消し、良い状態で仕事ができている!

・自宅で出来る腰痛対策方法をプリントで配布してくれたり、アドバイスをくれるので非常に信頼をしている!

 

結論は、

当院に通って8年目になるTさんは、通い始めた当初の、首肩の痛みがあって、腕が上がらなかった症状もすっかり解消し、

今も元気に仕事をされ、今は、体の歪みが元に戻らないように、週に一回のペースで治療に通ってます!

 

 

ひざと腰の手術をした方がいいと医師から言われているが、メスを入れるのが怖いので通っています。本当に楽になっています。Kさん

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ