腰が痛くて屈めず仕事にならない!と悩む時はここのストレッチだけで8割解消!

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは。
石川です。

 

今回は、腰が痛くて屈めず仕事にならないという時にすると効果があるストレッチについて書いていきます。

 

結論から言いますと、

腰が痛くて屈めないときは、腸腰筋のストレッチをするだけで8割痛みが解消し、仕事が出来るようになります!

 

たった腸腰筋をストレッチしただけです。嘘みたいですよね。ですが、実際当院の患者さんにおススメして、効果を上げ続けている最強のストレッチなんです。

 

逆に腸腰筋のストレッチを知らないと、痛みが続いて、仕事どころではなくなってしまいます。

 

 

というのは、腸腰筋は、股関節の前側にある筋肉で、今回のタイトルにあります、屈む姿勢をすることで硬くなる筋肉です。なので、仕事で毎日その姿勢をすれば、腸腰筋はどんどん硬くなっていきます。

 

そして、腸腰筋は腰の骨に付いているので、この筋肉が硬くなるほどに腰の動きも悪くなっていきますし、さらに、血流も悪くなるので、腰痛が出てきてしまうわけです。

 

 

つまり、屈む姿勢は、腰痛を引き起こす最悪な姿勢なわけです。

 

なので、この腸腰筋の硬さを取るためには、ストレッチをして腸腰筋を柔らかくしなければ、痛みは解消されないわけです。

 

逆を言えば、腸腰筋をストレッチしただけで、痛みがなくなるということです。

めちゃくちゃ簡単ですよね。

 

ですが、当院に新しく来院される患者さんや、知人の話を聞いていると、いまだに、腰が痛くなればマッサージに行くとか、整形外科で見てもらってリハビリを受けているけれど、良くならなくてとか、こう言った悩みを抱えている方が、本当に多いのです。

 

そしてこのことは、腰痛に対する正しい知識を持っている方が、まだまだ少ないということだと思っています。

 

でも、正しい知識を手に入れれば、今度は自分でそれを実践するだけで、痛みを解消できるようになるわけです。しかも、同じ腰の痛みで困っている人が居れば、その人に教えて助けてあげることだってできるわけです。

 

 

こうなると、自分だけじゃなく、誰か腰痛で困っている人にも喜んでもらえるわけです。

 

たったこれだけでです。

 

つまり知っているか知らないかの差は本当に大きいのです。

 

で、実際に、当院の患者さんのご主人が腰痛で困っていた時に、腸腰筋のストレッチを教えたそうなんです。そしたら、最初は痛がっていたものの、痛みがスッキリして、それから毎日のように腸腰筋ストレッチをしていると、嬉しい報告をいただきました。

 

 

知識があるって本当に最強なのです!!

 

ではまとめますと、

腰が痛くてかがめない時は、腸腰筋のストレッチをすることで解消します。そして、この知識を手に入れたら、どんどん実践すると腰痛は無くなっていきますし、だれかを助けることもできるという、本当にめちゃくちゃ効果のあるストレッチなのです。

 

 

という事で今回は、腰が痛くて屈めず仕事にならない時は腸腰筋のストレッチで8割解消されるということについてでした。

 

ありがとうございました。

 

コメントを残す

このページの先頭へ