腰にあるゴリゴリ、トリガーポイントは放置すると危険な理由を書きました!

あかり接骨院詳細については➡こちらです。

 

こんにちは。

あかり接骨院石川です。

 

今回は腰にあるゴリゴリ、トリガーポイントは放置すると危険な理由という事で

行きたいと思います。

 

このことを知っておくと、

腰痛を激減させるきっかけになりますし、

腰痛にならないためには何をするべきかがよく分かるようになるので、

 

腰痛対策がうまくなっていきます。

すると、

腰痛が怖い。。。とか、

なんでなるんだ!!

といった思いから解放されます。

 

という事で早速ですが、

その理由は、、、

 

ゴリゴリに凝り固まった体はまたゴリゴリの体を作り、

この連鎖反応によって体は脆弱になります。

血流が悪くなっていきます。

そして、

関節の動きも悪くなっていきます。

 

筋肉の動きも悪くなっていきます。

 

そして、ちょっと段差に躓いただけで、アキレス腱を切ったり、

ちょっと走って横断歩道を渡っただけなのに、

 

ふくらはぎを肉離れしたり、

 

といった怪我しやすい体が出来上がります。

 

もちろん、ぎっくり腰もしやすくなります。

 

腰痛も慢性化していきますし、

 

あちこち痺れも出始めます。

 

なぜなら、硬い体のままだからです。

 

硬い体はつまり、血液の循環が悪い状態です。

 

血液は体の隅々に栄養を送るためのものです。

体に栄養が送られないという事は、

 

体の細胞がどんどん衰えていくだけなんです。

 

この状態を放置すればするほど、それに応えるべく体は

どんどん弱っていくわけです。

 

だから、ゴリゴリしている体を一刻も早く解消しないと、

辛い腰痛も、肩こりも、片頭痛も治っていきません。

 

私もケアを怠ったた結果、腰椎椎間板ヘルニアになりました。

 

自律神経の働きを悪くして、パニック障害にもなりました。

 

放置することがどんだけ大事態になるのか、身をもって経験してます。

 

なので、

断言できます。

 

絶対に身体のケアを怠ってはいけない!!ってことです!!

 

しかもケアをすると、身体は楽になりますからね。

 

楽になる、つまり、体にとって心地の良い状態を作ることは

操体法の考えからも非常に大事です。

 

操体法は、当院の最も大事にしている思想である、

 

『気持ちいいは体にいい』

 

気持ちよさを引き出していく事が、健康を守り維持していくことに繋がります。

 

ぜひ身体のケアを習慣にして、いい状態を作っていきましょう。

 

という事で今回は、

 

腰にあるゴリゴリ、トリガーポイントは放置すると危険な理由を書きました!

ということでお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ