院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。

 

こんにちは。

石川インチョーです。

今回は私が毎日行っている

バランスボールを使って行う、

腸腰筋のストレッチ方法を動画でとりました。

 

なぜ腸腰筋なのか。

それは、私が腰が痛い人専門で接骨院をして10年。

腸腰筋が原因で腰痛だということが

確信に変わっているからです。

 

腸腰筋はインナーマッスルなので、

外から触れることも、

硬くなっていることもわかりません。

だから気づきにくい。

ですが、別の形で体にサインを送っていますよね。

それが、

腰痛なわけです。

 

この筋肉は、

座っている時も

歩く時も

体を丸めて寝ている時も

常に縮こまった状態の事が多い筋肉です。

 

この絵は腸腰筋の一つの筋肉である

大腰筋です。

このように、腰の骨から太ももの骨に渡って付いている大きな筋肉ですよ。

この筋肉が縮こまることで、腰の骨が引っ張られて反り腰になっちゃうわけです。

だとしたら、この縮こまりを伸ばしてあげれば、腰の骨が引っ張られるのを防げると思いませんか。

このように、

縮こまった腸腰筋を伸ばすイメージで

腸腰筋を伸ばす。

すると背筋が伸びて姿勢が良くなり、

腰への負担が減っちゃいます。

この腸腰筋のストレッチを習慣にしちゃえば、今よりも格段に腰痛から解放されますよ。

というわけで、腸腰筋のストレッチをご紹介します。

 

今回は、バランスボールを使うバージョンです。

 

最初の運動を飛ばしたい方は

2分43秒から見ていただくとそこから腸腰筋ストレッチが始まります。

 

つい先日、バランスボールを壊しました。

遠赤外線の近くにバランスボールが転がっていることに気づかず、

変なにおいするなと思ったら、

バランスボールがしぼんでいたんですよね。

 

大失態です。。。(;_:)

ということもありますので、

保管には十分ご注意くださいませ。。。

 

身体が硬い方は腰痛になりやすいので、

バランスボールで簡単に筋肉の緊張をほぐすことができます。

 

体が硬いと、

血流が悪くなります。

転びやすくなります。

怪我をしやすくなります。

腰痛が悪化してしびれが増すことも。

腰痛が悪化すると、歩くのも困難になることも。

 

といった最悪な事態にもなりかねません。

でもバランスボールで簡単に筋トレ、

筋肉を緩めておくと、

インナーマッスルが鍛えられ、

いざというときの筋力が付くので、

転んでも耐えられる体、

躓き防止、

血流が改善して冷え症解消

脚の血流もよくなるので、足がつりにくくなる

他にもいろんなメリットを感じてます。

バランスボールなど道具がなくても

腸腰筋のストレッチが出来る方法があります。

以下2つの記事に書きました。

・寝たまま、道具不要で腸腰筋のストレッチができる方法を書いています。

動画と写真で解説していますのでわかりやすくなってます。

 

・うつぶせで腸腰筋ストレッチができます。

動画で解説してます(^^)

自分の症状に合わせてストレッチをしていくことが

腰痛解消のコツですね。

そして一番大事なことは、

最初からハードルを高く設定して行わないことです。

絶対に挫折しますからね。

とりあえずやってみる。この感覚がものすごく大事ですよ。

とりあえず一回を毎日継続すれば習慣になっていきます。

習慣になってしまえば腰痛とはさよならできます(^’^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。 僕について 少し自己紹介します。

僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。 有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。

専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。

 

20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。

その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます

現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。

ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。

詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【船橋市二和東の施術場所】

・新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。
・JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分
・駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院 

0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com
住所 〒274-0805 
千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室
※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!
二和向台の駅を背にして直進
② 左側にピザーラを見ながら通り。
③  BOSSの自販機を右に曲がり。
④  建物入り口になります。
⑤  入って右側になります。
マンションの一階の一室にあります。
ベルを鳴らさずご自由にお入りください。
先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。
【お問い合わせ】
腰痛専門あかり接骨院 0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com
※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!
住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101
ブログランキング応援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキング