こんにちは!

腰痛専門あかり接骨院

インチョーの石川です!

 

膝のけがで多いのは、
バスケットボールやサッカーなどのコンタクトスポーツでの衝突、

変形性膝関節症で、膝に炎症を起こし、関節に水がたまった時に膝が腫れることがあります。

他には、バスケットで衝突して、

十字じん帯を痛めること、最悪断裂していまうこともありますよね。

 

 

 

今回は、伸縮性の包帯を使っての巻き方です。(3裂)

 

膝関節は軽く曲げた状態です。

基本的には内側に巻いてきます。

 

膝に可動性をつけたい固定は、8の字(亀甲帯)帯で、

しっかり固定したい場合は、関節を巻く回数を多くするといいです。

 

下側(下腿部)の巻きが甘いとズリ落ちてきてしまいます。

上側も、大腿部の下1/3位巻かないとズリ落ちてきます。

 

ズボンの脱ぎはぎの際、強くこすれてズレ安いので、最後にこすってみて巻きがズレなければ

オッケーです!

 

また、けがしてすぐの場合は、後々腫れが出てくることもあるので、

それも計算してある程度の緩みを入れて巻くといいですね。

 

上・中・下の3点がしっかり押さえられていればズレ落ちることはないでしょう。

 

膝以外の包帯方法はこちらから見れます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

当院ではメルマガを発信しています!

最近の症例や腰痛対策情報、

腰痛にならないための自分で出来るセルフスパット療法、

腰痛対策におススメの食事メニューなどなど

内容盛りだくさんで発信しています!

以下をクリックして登録できます。

↓↓↓