こんにちは石川智菜美です。

 

今回のタイトル、大変シビアな内容となっていますが、

これ、

よくあるあるじゃないでしょうか。。。

ということで、

タイトルの件について書いていきたいと思います。

 

まずは、なんで腰痛を解消したくて

せっかく貴重な時間を割いていったのに、

悪化するとか、、、

私の体どうなってしまったんだろう、、、って不安になりますよね。

それではまずなんで悪化するのかについてです。

 

最後に私のこういった施術側としての経験談を書きましたので、

興味があったら読んでみてください。

 

なんで悪化するのか??

整骨院で悪化する原因、

結論は

傷口に塩を塗ってしまったことで悪化した

ということになります。

 

その理由は

これは単なる施術側の勉強不足だからです。

 

そもそも、痛いところを押したり揉んだりしたら

悪化するのは物理的に考えてもわかると思います。

 

揉むとしても、患部は避けた方がよくて、

誰でも傷口に塩を塗ることは避けたいわけです。

そんなことしたら想像するだけで体が震えます。

 

ぎっくり腰、腰痛もちなのは

そもそも体が弱った状態なわけです。

身体が弱っているので、痛めやすい、怪我しやすいのです。

何らかの理由、例えば、

身体を使いすぎた、などで体が弱ると、

筋肉、関節、血流、ホルモン分泌、

、代謝が落ちる、冷え性、むくみ、

などの状態が体に起きています。

目で見えないからわからないのですが、

それがからくりで、

身体は知らぬ間にむしばまれています。

 

 

毎日朝から夜遅くまで、家に帰っても家事炊事育児、

とどまることなく疲労が積み重なり、

休んでも疲れが取れない状況です。

身体が弱るの無理ないです。

かといって今の生活を投げ出すことができない。

仕事がある。自分の体を管理する余裕がない。

余裕がないんです。

 

だから、体が弱り、腰を痛めてしまうのです。

身体も心も弱ります。

弱る心には痛みを感じる神経が敏感になるので、

より痛みを強く感じるという負の連鎖が始まります。

 

そして、弱った身体に刺激を受ける。⇒痛める。

弱った身体に強刺激を受けたり

必要以上なところを刺激されたりすることで

打撲や捻挫が引き起こされてしまった状態だと言えます。

 

これはまさに勉強不足から来ています。

 

 

腰痛ってのは

患者さんの日常の背景も深くかかわってきます。

その背景も施術側は必要な情報なので、

患者さんとのコミュニケーション能力も問われますよね。

 

これも勉強が必要です。

 

患者さんとの会話の中で得られた情報から

その方に合った施術をしないといけないんです。

 

この症状ならこの施術とかって決まっていて、

そんな誰でも同じような機械的な施術だったら、

マッサージ機で十分ですよね。

 

全て勉強です。

 

軽い腰痛だったけどマッサージ受けたらぎっくり腰になった

この方はマッサージ屋さんにお母さんの付き添いでついでに

自分も一緒に受けた方です。

軽い腰痛だから、軽い気持ちで慰安的な思いもあったと思います。

ところが、かえって腰痛が悪化。

これも、軽い腰痛にもかかわらず

施術者が必要以上に揉んでしまったことで、

筋肉関節を痛めたわけです。

軽い症状でも、過去に揉み返しがあったかどうかを確認したり、

過去に病気や腰で病院で何か診断されたことがあるか確認したり、

毎日どんな時に腰痛を感じるのか、

いろんな情報を引き出さないといけません。

 

本人が気づかずにやっていることが

腰に良くないことだってあるわけです。

 

こういったことも含めて、

これも勉強しないと、その人に合った施術をしていくことができないんですよね。

必要以上の刺激は体に良くありません。

 

腰痛がひどすぎて自分でマッサージしたら悪化した

これは、自分でマッサージも

経験無知な方ですと、

力加減さえも分からず、

適当な力でマッサージしてしまい、

筋肉関節を痛めたパターンです。

自分でマッサージすること自体、

無理な姿勢ですし、無理な姿勢から変な力をかけてしまうので、

腰だけではなく

関係ないところまで痛みが出てしまいかねないのではないでしょうか。

ただし、自身で解決する気持ちは素晴らしいですよね。

悪化しない整骨院の選び方

と、このように勉強不足になると

誰かが辛い思いをしなくてはいけない状況を招きます。

整骨院を選ぶ方法としては、

やはり、友人知人の口コミが安心かと思われます。、

もちろん合わないケースもあります。そこは覚悟です。

ネットで検索して口コミが良かったら行ってみる

のもありです。

他には、

その先生のホームページなどで発信している

内容、発言、動画などで

判断するのもありですよね。

 

当院でもどんどんアップしていきたいと思っています。

 

自分でできることから

これからは自分でどんどん情報を取得できる時代になっています。

腰痛を解決するための方法がどんどん動画にもアップされていますし、

しかも無料です。

それをいかに上手に自分の生活に取り込んで生かしていくか、

ということも大事になってきます。

実際、施術費用をケチりたくて

自分自身で解決したほうがいいと、

自分なりに合う方法を探りながらいろいろ実践していったところ、

腰痛からさよならできた方もいます。

 

 

腰痛予防していくと

腰痛予防していくとたどり着くのはストレッチ、運動です。

 

体を動かすことは大事ですね。

血流やリンパの流れを促し、代謝を上げてくれます。

ホルモン分泌も高め、

痛みを抑えるホルモンや、

気持ちを前向きにしてくれるアドレナリンやエンドルフィンなども

分泌されます。

そもそも人間は動くことが前提なので、

動かないことは体に不自然です。

 

余談な話でしたが、

腰痛は痛みがない範囲でどんどん動いて構いません。

 

過去の痛い経験があるからこそ今の自分がある

 

私も以前は施術後の反応が怖い時期がありました。

『昨日の施術の後痛くなった、、、』

『先生、翌日起き上がれんかったよ』

『朝頭が痛かったんだけど』

と言われ、

 

『そうだったんですか。。。おそらく体のバランスが変わったことで、反応が出てしまったんですね。』

『施術後に痛みやふらつきなどの反応が出るかもしれないと伝えたから安心』と、

まあ言い訳的なことを伝えていたという

痛い過去がありす。

 

それを理由に来なくなった患者さんもたくさんいますよ。。。

辛かったですね。

これも単なる勉強不足、練習不足でしかないのです。

これじゃいけない!!と反省したことで、

腰痛に対してどんどん勉強しまくり、勉強し続けています。

 

やっぱり何でも勉強することで、

自分の血肉となっていくし、

知識は裏切らないってこともよくわかりました。

そして、それを生かすために日々実践していくこと。

忘れないように、身につくように、

何度も繰り返して実践していくこと。

です。

このような考えを教わったのはある大きな出会いがあったからです。

その方も大きな挫折から大きく飛躍した方です。

諦めず、集中して学び続けることで、

自分にエンジンがかかり、

それを元手に地味にでも自分が成長してく。

まあ、のろまな成長ですけど。

今まで自分が逃げていたことを認めることができた時、

だったら自分を変えていかなくてはいけないということを

実感できるようになってきたのです。

私は現在育児をメインにしているので、

施術から離れていますが、

腰痛に関して情報を集めたり、

夫(院長)に現在の治療法の経過を聞くと、

やっぱり、腰の痛みは腰から来ているのではない、

ということを実感しているようです。

 

私自身は、腰痛もちで、

ヘルニアもあります。

 

つい先日もぎっくり腰をしましたが、

腸腰筋のストレッチと、脇腹(前鋸筋)のストレッチ

をやりまくったことで、

あっという間に回復できました。

 

なんで腰を触らないのか、

腰を揉んでもらわないとやってもらった気がしない

といったご意見もあります。

 

 

でも多くは腰以外の部分に原因があることが多いです。

腰を揉んでも良くならない。

これに尽きます。

 

 まとめ

ということで今回は、

整骨院に行って腰痛が悪化することについて

書いていきました。

 

結論は、施術者の勉強不足である!!

です

もっともっと勉強して経験して、ってことを

どんどんやって進化し続けていかなければいけません。

 

 

メルマガも始めました。

腰痛情報、イベント情報などお届けします!

https://mail.os7.biz/add/9NwU

 

ブログへのコメントもお待ちしています。

是非ご質問、ご意見を下さい。